no music,no life

気になる音楽を平日毎日ご紹介!

ブッチャーズ最後のアルバムか?リーダー吉村亡き後にリリースされたアルバム「youth」から『デストロイヤー』

こんにちわんばんこ、増子です。

三連休、みなさまどのように過ごされましたか?僕は、箱根に行ってまいりました。
冬の温泉って本当に気持ちよくて、素晴らしい気分転換&やる気充填ができました。

さて、本日ご紹介するのは、以前にMONOBRIGHTの記事で少しご紹介した、
bloodthirsty butchers」の最新アルバム「youth」から、『デストロイヤー』です。

このアルバムは、2013年に入ってからマスタリングが行われたアルバムですが、
そのアルバムの完成を見る前に、2013年5月27日、バンドのリーダーである
吉村秀樹さんが急性心不全のため、帰らぬ人となってしまいました。

ブッチャーズというバンドは、国内外を問わずミュージシャンに非常にファンが多く、
この訃報は、多くの人々に大変衝撃を与えるものだったのではないかと思います。


youthから、3曲のMVが公開される

そんな悲しい出来事があってから約半年後、オリジナルアルバムとしては
約3年8ヶ月ぶりとなる、「youth」がリリースされます。
このアルバムからは、『デストロイヤー』を含む3曲のMVが公開されています。
今回はその3曲の中から、『デストロイヤー』をご紹介します。

駆け抜ける爽快なリズムと、イントロで吉村さんが弾く不協和音のようなフレーズが
とても印象的なナンバー。サビでGt.田渕さんが歌う『デストロイヤー』のワンフレーズも、
その透き通る声とデストロイヤーという単語のギャップがとても面白い。
また、Ba.射守矢さんのベースプレイに特徴的な和音フレーズもイカします。

僕が、初めて聴いたブッチャーズの楽曲が、この『デストロイヤー』です。
MONOBRIGHTの記事でも少し書きましたが、僕は去年のカウントダウンジャパンまで
ブッチャーズというバンドを全くと言っていいほど知りませんでした。

失礼な言い方ですが、知名度はそんなに高くないバンドではないかと思います。
しかし、ROCK好きでこのバンドを知らないのは勿体無い。
僕と同じような音楽趣味の人なら、絶対好きになると思いました。
もしも聴いたことがないのなら、この記事をきっかけに聴いてみて欲しい。
多くのバンドマンを虜にした曲たちが、本当にたくさんあります。


トリビュートアルバム2枚同時発売!

それを裏付けるように、2014年1月29日にはトリビュートアルバム
「Yes, We Love butchers 〜Tribute to bloodthirsty butchers〜 Abandoned Puppy」
「Yes, We Love butchers 〜Tribute to bloodthirsty butchers〜 Mumps」
が、二枚同時リリースされます。

僕の大好きなthe pillowsをはじめとする22組のアーティストが、
ブッチャーズからもらった愛と恐怖を、このアルバムに捧げています。

残念ながら、亡くなった方が戻ってくることはありません。
しかし、彼がこの世に置いていった音楽たちは生き続けるのです。
いい音楽をありがとう、と僕はアルバム「youth」をポチるのでした。

ということで、本日は『デストロイヤー』のご紹介でした。
では、また明日。じゃあね〜!


関連サイト

bloodthirsty butchers オフィシャルサイト


******************************************


bloodthirsty butchers / youth
詳細は画像をクリック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...