no music,no life

気になる音楽を平日毎日ご紹介!

ウルフルズ復活!-新曲『どうでもよすぎ』はウルフルズ色全開の痛快ロックンロール!

 近頃全然毎日更新していない当ブログへようこそ。ちょっとクラプトンライブの余韻に浸っていたらいつの間にか時間が過ぎていて…なんて言い訳してみる。しかし、書かずにはいられないニュースが飛び込んできたので、クラプトン熱はちょっと置いておいて、記事を書きたいと思う。

 今日ご紹介するのは、ウルフルズ復活のニュースと新曲『どうでもよすぎ』だ。

 

日本語ロックンロールで現代日本人を斬る!

 とにかく、まずは新曲『どうでもよすぎ』を聴いていただこう。

 

 う~~~~ん、好きだ。この王道ロックンロールに僕の脳はアドレナリン垂れ流し。そして、現代人をバッサリ斬る歌詞がなんともロックである。「頼む」を「Come on」に空耳させる歌詞がニクイぜ。シンプルで、ちょっと薄い気もする伴奏もウルフルズらしい空気を作っている。日本の音楽に、いや、現代日本人みんなに蹴りを入れてくれるような楽曲だ。MVも、メンバーの仲の良さが伝わってきて、なんだかホッとしてしまった。このブログを書いていると毎日色んな音楽を聴くのだが、最近のバンドたちに比べると、ウルフルズはやっぱり力強く、そして説得力があるように感じる。戻ってきてくれてとても嬉しい!

 

5月にはニューアルバム、秋には全国ツアーも!

 約4年半ぶりに活動を再開したウルフルズだが、すでにニューアルバムのリリースと、全国ツアーが決定している。5月には、前アルバムから6年半ぶりとなるオリジナルアルバム「ONE MIND」がリリースされる。また、夏には恒例の野外ワンマンライブ「ヤッサ」も復活する。さらにさらに、秋には約6年半ぶりとなる全国ツアーも決定しており、まさにウルフルズ完全復活である。詳しくは最後にリンクを貼っておくのでそちらから確認されたい。

 とにかく、ウルフルズ復活だ。思うに、今あまり元気のない音楽シーンを盛り上げるには、若手が頑張るのはもちろんだが、「おっさん世代」の熟年ベテランバンドの熱が非常に重要になると感じる。僕が個人的におっさんバンドが好きというのもあるかも知れないが、やっぱりキャリアのある先輩方が次世代のバンドを引っ張っていって、というか喝を入れてあげるということが必要なんじゃないかな。「お前らまだまだ甘いよ。俺らの背中でも見とけ。」ってな具合に。そうすれば、その熱にやられた連中や負けず嫌いのロッカーたちがどんどん勢いづくのでは、と思う。そんなに単純ではないかもしれないが、僕は期待する。

 それでは、今日はこの辺で。また明日お会いしましょう。

 

******************************************
ウルフルズ / ONE MIND
詳細は画像をクリック!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...