no music,no life

気になる音楽を平日毎日ご紹介!

アンダーグラウンド・ロックシーンで活躍したギタリスト、THE FOOLS 川田良が亡くなる

 訃報。ここのところ非常に多いような気がする。今日Twitterを眺めていると、「伝説のギタリスト逝く」というツイートが目に止まった。リンク先へ飛んでみると、THE FOOLSのギタリスト、川田良さんが亡くなったとのこと。ずっとメジャーから目を背け、アンダーグラウンドシーンで活躍し続けたギタリストが亡くなった。

 

ギタリスト・川田良

 川田良さんについて、僕は詳しくないので少し調べてみた。

 川田は、主にTHE FOOLSやTHE PANTZといったバンドに参加し、下北沢を中心に活動していたギタリストだ。他にも多数のバンドで活躍した彼だが、中でも代表的なTHE FOOLSに関して少しばかり述べる。THE FOOLSは1980年に結成されたバンドだ。川田はオリジナルメンバーではなく、82年にギター青木真一が脱退した際に加入することになる。初期はカッティングギターを主体にした激しいブルースやパンクといった曲が多く、その後はファンキーなサウンドへと傾倒していく。川田が加入してからは、彼の持ち味でもあるマイルス・デイビスとパンクの融合的音楽性から、よりグルーヴィなサウンドへと変化していく。その後もメンバーの入れ替わりはあるものの、精力的にライブ活動を行っていた。94年頃からは実質活動休止状態にあったTHE FOOLSだが、2007年には長い沈黙を破り川田を含む4人での活動を再開させ、2012年12月には、実に20年ぶりとなる新作アルバム「バビロン・ボンバーズ」をリリースした。彼らはその長いアンダーグラウンドでの活動の中で、輸入文化であるロックを日本のストリートに根付かせたバンドの一つである。

 このように、ずっとメジャーの世界に上がらず、しかし素晴らしいギターを鳴らしてくれていた彼に対して、多くのミュージシャンから嘆きの声が寄せられている。サンボマスターのボーカル山口は

と、Twitter上で追悼した。

 アンダーグラウンドで活動していたということもあり、YouTube上にもあまり音源が無いのだが、一曲だけ貼り付けておくことにしよう。

 

 

ライブに行こう!

 最近こういったミュージシャンや有名な方たちの訃報が非常に多いように思う。今、僕らが聴いているバンドだって、いつか突然に活動が出来なくなってしまう可能性も十分にある。僕はフジファブリックといいブッチャーズといい、メンバーが亡くなってからそのバンドを知ったり好きになったりという事が多い。けれどそうなるともうすでにライブで彼らの声を聴くことはできないのだ。だから、自分が好きなミュージシャンやバンドのライブにはなるべく足を運んで、そのバンドをとことん楽しみたいと思う。CD音源は、何年経っても聴くことができるけれど、ライブというのは、その時代に一緒に生きている間しか体験できないのだ。スタンディングライブに行けるのなんてせいぜい50代くらいまでだろうから、人生の中の40年間くらいのものだろう。その間に奇跡的に一緒に活動している大好きなバンドに出会えたのだから、ライブに行かない手はない。なんだか恋愛の話をしているみたいになってしまったが、本当にそう思う。

 

 今日のところはこの辺で。明日また、お会いしましょう。

 

関連サイト

THE FOOLSオフィシャルサイト

 

******************************************

THE FOOLS / バビロン・ボンバーズ

詳細は画像をクリック!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...