no music,no life

気になる音楽を平日毎日ご紹介!

等身大のフジファブリック−銀の匙OPテーマ曲『LIFE』のMVが公開!

 早いもので、フジファブリックのボーカル志村正彦が亡くなってから4年が過ぎた。そして、フジファブリックが新体制になり、既に2枚のフルアルバムがリリースされている。3人体制の言わば“新生"フジファブリックがこれまでにリリースしてきた楽曲はどれも聴いたし、フェスやワンマンライブで彼らのパフォーマンスも観てきた。しかし、僕は以前の、つまり志村が生きていた時のフジファブリックを超えるような曲は未だに現れていないと感じる。そもそも比較すること自体があまり意味のないことかもしれないが、ファンとしては新譜が出るたびにわくわくするものだし、その期待に応えてくれるような曲を望んでしまうものだ。そして、残念ながら僕の期待を超えてくる曲には、まだ出会えていない。

 

志村亡き後のフジファブリック

 さて、いきなり辛口コメントからスタートしてしまったが、志村が亡くなってからのフジファブリックの曲について思うところを少し述べたい。フジファブリックに限らず、楽曲のほとんどを作詞作曲していたボーカルが抜けるということは、そのバンドはもはや全くの別物になってしまうと言ってもいいだろう(oasisのように)。解散という選択肢もあっただろうが、フジファブリックはバンド名の変更もなく、活動を続ける道を選んだ。

 僕が思うに、『STAR』から始まった新生フジファブリックは、志村がいた頃のフジファブリックをかなり意識していたのではないだろうか。それは当然の流れかもしれないが、ファンが求める“フジファブリックらしさ”に応えようと、もしくはメンバー自身の中にある“フジファブリックらしさ”を維持しようと必死になっていたのではないかと感じる。実質別物のバンドになってしまったのに、だ。だからなんとなく、これまでの曲からは肩肘を張っているような、変に自分たちらしさを求めたような印象を受けてしまうのだ。どんなに似せようとしても、志村の曲ではないのだから、もっと今のフジファブリックしにか書けない曲を歌ったらいいのに、と僕は思っていた。

 

等身大のフジファブリック

 正直に言うと、今回の新曲もそんなに期待してはいなかった。だからあまり気合を入れずに、なんとなく聴いてみたのだ。しかし、予想に反して聴こえてきたのはいい意味で肩の力の抜けた、等身大のサウンドだった。

 

 この歌を聴いて、ようやく収まるところを見つけられたのかな、と思った。単に僕の好みの曲調だということもあるかも知れないが、“しっくりくる”という印象を受けた。軽快なピアノの音と遊び心のあるギター、そして後ろでノリを支えているベース。3人の息がぴったり合って、気取らない、今のフジファブリックを表現できていると感じる。MVのテーマは「思春期な銃撃戦」ということで、シュールでコミカルな内容も、曲によく合っていると思う

 確かに志村正彦は偉大な人だった。彼が残していった曲たちは本当に素晴らしいものばかりだし、あんな歌を書ける人は今の日本の音楽シーンにはいないだろう。けれど同じように、彼の歌を支えてきたメンバーもまた、多くの才能を持っているはずだ。志村の存在に変にとらわれることなく、自由に曲を作っていってほしい。次のアルバムにまた、期待しておく。

 それでは今日はこの辺で。また明日お会いしましょう。

 

関連サイト

FUJIFABRIC.com (フジファブリックオフィシャルサイト)

TVアニメ「銀の匙 Silver Spoon」公式サイト

 

******************************************

フジファブリック / LIFE

詳細は画像をクリック!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...