no music,no life

気になる音楽を平日毎日ご紹介!

Vo.山口一郎が制作の苦しさを乗り越えて完成させた新曲-サカナクション『グッドバイ』のMVが公開!

 どうもこんにちわんばんこ、増子です。
 昨日、1/15に、サカナクションの両A面シングル『グッドバイ / ユリイカ』が発売となりました。そのシングルから先にMVが公開されていた『ユリイカ』に続き、『グッドバイ』の公式MVが、昨日公開されました。

制作の苦悩と『グッドバイ』について

 この両A面シングルは、サカナクションが所属するビクターエンタテインメント側では既に、東進ハイスクールCMソング『さよならエモーション(仮)』と映画「ジャッジ!」の主題歌『ユリイカ』の2曲でいくと決定していた、と山口さんはSOL内でおっしゃっています。
 しかし、『さよならエモーション(仮)』は制作期間が短く、サビの部分しかできていない状態でした。『さよならエモーション(仮)』のその他の部分の作曲・編曲と、『ユリイカ』の制作を同時進行しなくてはならないような状態だったとか。
 その中でボーカル山口一郎さんは、自分の作りたい曲ではなく、求められる曲を作るということに慣れすぎてしまっていて、それが非常に辛かった、と語ります。1年くらい、活動を休止しようかと思ったほどだったと。
 しかし、仕事は仕事とスタジオに入り、『さよならエモーション(仮)』ではなく自分の好きなようにギターを弾いてメロディを口ずさんだ時に、自然と出来たのがこの新曲『グッドバイ』だったのです。メロディと歌詞が同時に降りてきた、と山口さんは言います。自分の中にある想いがそのまま曲として出来上がったのでしょう。

どうしても、とシングル曲を差し替える

 当初『グッドバイ』が出来た時、アルバムの中の1曲くらいの気持ちだったと言います。しかし、スタッフが口ずさみ始めたり自分の頭にメロディが残ったりということがある中で、次第にシングル曲として多くの人に聴いてもらいたいと思うようになります。
 そこで山口さんは、チームサカナクションのリーダーにお願いをして、両A面シングルの1曲として収録する事になったのです。普通、アーティスト側が、すでに決まっている予定の変更をわがままで押し通すのは良くないことだけれど、今回はわがままではない。これでいかないと、サカナクションサカナクションじゃなくなってしまうのではないか?そんな思いから、リーダーは差し替えを了承します。

期待という重荷から、グッドバイ

 この曲を作ったことによって、去年急にメディア露出が増えたことによる聴き手からのプレッシャーからグッドバイできたような気がする、と山口さんは語ります。僕らと同じ一般人だから、本当に辛かったと。その時期を乗り越えることができた。
 では、そんな苦しい時を経て完成された『グッドバイ』をお聴きください。

 僕はこの曲を最初に聴いた時、「サカナクションにしては普通だな」と思いました。曲の構成も普通だし、メロディも頭には残るけど、例えば『アイデンティティ』のようなパンチはない。もう一方の『ユリイカ』が、最近のサカナクションを象徴するような楽曲となっているので、余計にそう感じたのかも知れない。
 ですが、山口さんのこの曲に対する想いを聞いて、納得しました。この曲は、苦しみの中から“自然に”生まれてきた曲なのです。だから突飛な構成にする必要もなければ、変に凝ったメロディを与える必要もない。歌詞も、山口さんが普段親しい友人に話していることをそのまま書いたそうです。だから、普通だ、という感想は間違いではなかったのです。ですがその普通という印象は、マイナスなものではありません。今のありのままのサカナクションを聴くことができて、むしろ親近感のようなものを感じました。
 紅白やMステに出演した事によって、一気に知名度が高くなった彼ら。今後活動していく中で、プレッシャーに感じることはとても多いのではないかと思います。しかし、グッドバイによって、その不確かな未来に舵を切ることができたのだと感じます。これからサカナクションがどんな新しい体験を僕らに与えてくれるのか、楽しみにしていましょう。

 では今日はこの辺で。また明日お会いしましょう。じゃあね~!

関連サイト

サカナクション公式サイト

******************************************


サカナクション / ユリイカ グッドバイ
詳細を見るには画像をクリック!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...