no music,no life

気になる音楽を平日毎日ご紹介!

audio-technica / ATH-M30 (ヘッドフォンレビュー) 前編

はい、どうもこんにちは、クリープです。
ちょっと最近ね〜家で一人でお酒飲むことが増えましたね〜。
今日も、梅酒を飲みながら、ほろ酔いで記事を書いております。


モニターヘッドフォンって?

でね、本日のレビューはこちら、オーディオテクニカさんの『ATH-M30』。

041.jpg

やっぱスマホのカメラだとちょっと画質が悪いね〜一眼買おうかしらね〜。
こちらは、いわゆる『モニターヘッドフォン』というやつですね。
ヘッドフォンにはその使用用途によって種類がいくつかあるんです。
ウォークマンiPodとかで音楽を聴く用のものがリスニングヘッドフォンとかいいますね。
リスニング向けのものは、種類によっては低音がブーストされていたり、
ロック向け、クラシック向けなど、『音楽を聴く』ということに焦点が絞られています。

対してモニターヘッドフォンというのは、その名の通り音を『モニター』するためのもの。
楽曲製作の場面などで用いられるもので、基本的に出音はフラット。
音の変化を的確に再現することが求められるヘッドフォン、ということになります。


なぜモニターヘッドフォンが必要か?

まず、なんでモニターヘッドフォンを買おうと思ったか、というと、
まだブログで紹介してませんがアンプを買ったんですよ。
YAMAHAのTHR-10Cというやつです。

IMG_20130928_223308.jpg

これがね〜オーディオインターフェース的な使い方もできて、エレキギターはもちろん、
ベースもアコギも繋ぐことができて、さらにCubaseという楽曲製作ソフトも付いてくるという
かなりスーパーなアンプなんですが、これで作曲をしたいなと思いまして。
で、初めはいつも音楽聴く用に使ってるSONYの古いイヤホンで作ってたんですけど、
イマイチ作業しづらかったんですよね。音が作りにくいというか。
それで調べたところ、モニターヘッドフォンというのがあるらしいとなったわけです。


安くて良いモニターヘッドフォンが欲しい!

ところが、やっぱり高いんですよ〜値段が。
SONYの『MDR-CD900ST』というやつが、「業界基準」なるヘッドフォンらしくてですね、
だいたいどこのスタジオにもあると。これ持っときゃ間違いないみたいな。
こちらが価格.comによるとだいたい14,000円くらいします。高いです。


※画像クリックでAmazonにとびます

さっきも言ったように、アンプを買ったのでお金がないんですよ。
だからなるべく安く、そしていいものが欲しいと。調べましたよ〜。
レビュー見たり、ブログとかみたりしてね、それでその結果、
この『ATH-M30』が、コスパ最強なのではないかという結論に至ったわけです。
僕はサウンドハウスさんで購入しましたが、5,000円弱で売っていました。

では、次回この『ATH-M30』の詳細を見ていきたいと思います!

後編はコチラからどうぞ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...