no music,no life

気になる音楽を平日毎日ご紹介!

Blurの人気を不動のものに-アルバム「パークライフ」から『Girls & Boys』

 週の頭から季節外れの暖かさに包まれた今日この頃、みなさんいかがお過ごしだろうか。どうやら明日は雪が降るという予報が出ているから、体調管理には気をつけるべし。

 さてさて、本日はオアシスと並ぶブリットポップバンド「Blur」から一曲ご紹介。恥ずかしながら、僕はブラーの曲をほとんど知らなかった。僕の中でブラーといえば『Song 2』だったのだが、ついこの間まで、それ以外の曲をちゃんと聴いたことがなかった。

 

 music of the millennium

 みなさんは、『music of the millennium』というCDをご存知だろうか?これは2001年に発売されたコンピレーションアルバムであるが、世界的にヒットした曲をゴチャっとまとめたような内容のCDである。以前実家に帰省した際に、父親のCDたちの中から適当にPCに取り込んでいたのだ。最近までこのCDの存在をすっかり忘れてしまっていたのだが、この間ふと思い出して聴いてみたのだ。Queenの『We Are The Champions』や、先日ご紹介した『いとしのレイラ』など、聴いたことのある曲もあれば、全然知らない曲も入っていて聴いていてなかなかに楽しかった。僕は基本的にCDは頭から順番に聴いていくのが好きなので、このCDもそうして聴いていたのだが、その8曲目、ブラーの『Girls & Boys』に心奪われてしまったのだ。

 

『Girls & Boys』で過去最高全英5位を記録

 この曲は、ブラーの3枚目のアルバム「パークライフ」の一曲目に収録されている曲だ。1994年に「パークライフ」の先行シングルとして発売され、バンドとして過去最高の全英5位という売上を記録することになる。ブラーはこのアルバムで、その人気を不動のものにする。「パークライフ」はブラー初の全英1位を獲得、その後なんと90週にわたって上位40位に入り続けた。このアルバムはブリット・アワードにてベスト・アルバム賞を受賞し、ブラーは当時イギリスの音楽シーンを席巻していたブリットポップバンドの代表格となった。そんなすさまじいアルバムのオープニングを飾るのが『Girls & Boys』であり、この曲は実にカッコイイ。とにかく、聴いていただくことにしよう。

 

  単調なリズムと繰り返されるメロディだが、それでいて全く飽きることがない。『music of the millennium』を再生中にこの曲を聴いてからは、リピートしてしまってそこから先へ進むことができていない。それくらい僕の心をガシッと掴んだのだ。この曲はリリース前からBBCラジオ1などといった主要ラジオ局にて大量のエアプレイを獲得し、ブラーを欧州全体でのブレイクに導いた。

 こんないい曲があるだなんて、誰かもっと早く教えてくれてもいいじゃないかと思ってしまう。とにかく、またしても好きなバンドに出会ってしまったわけだ。そして例によって、僕はこのアルバム「パークライフ」 をポチったのだった。オアシスにハマった時も結局アルバムを全部集めたのだが、今回も同じようになりそうで、お財布が心配である。

 それでは今日はこの辺で。また明日お会いしましょう。

 

******************************************
Blur / パークライフ
詳細は画像をクリック!

寒い日には「鍋」「おでん」もいいけど「焼きイモ」でしょ!-ブリーフ&トランクス『石焼イモ』であったまろう!

 関東は昨日、春のような雨が降っていた。上着なしでも出歩けるような暖かさと、パラパラと降る雨とその匂いに、ちょっと早い春が来たような気がして、僕は一人で妙にウキウキしていた。しかし、うってかわって今日の夜は非常に冷え込む。やっぱりまだ春は遠いな、と感じた。そして、寒い夜に食べたいものといえば、「鍋」「おでん」「焼きイモ」だろう。ということで今日は(無理矢理感は否めないが)ブリーフ&トランクスから、『石焼イモ』という楽曲をご紹介しよう。

 

2012年に再結成を果たしたギターデュオ

 そもそも皆さんは、「ブリーフ&トランクス」というユニットをご存知だろうか。実は以前このブログでも彼らのベストアルバムをご紹介しているのだが、まず簡単にブリトラのプロフィールをご紹介しよう。

 ブリーフ&トランクスは、1993年に結成された、伊藤多賀之と細根誠の2人からなる静岡県出身のフォークデュオだ。高校生の時に、学校の廊下で歌っている伊藤に細根が「ちょっと俺にもハモらせてくれよ」と声をかけたことがきっかけで結成されたという。なんとも彼ららしい結成の仕方だと思うが、ブリトラは「サイモン&ガーファンクル」に憧れていて、そこからユニット名に“&”を使いたかったそうだ。それにしてもなぜブリーフ&トランクスという単語をチョイスしたのか、非常に疑問であるが、彼らが歌う楽曲を聴くと、ブリーフ&トランクスというユニット名が妙にしっくりきてしまうから不思議である。彼らが歌うのは、「半径5メートル以内の日常生活」だ。なんとも目の付け所の面白い歌詞と、何げに頭に残るメロディーとそのハモリから、僕は高校時代にハマってしまって、よく兄弟で笑いながら聴いていた。

 2000年12月31日に、「伊藤が国指定の難病にかかったため」という理由によってブリトラは解散してしまう。その後も伊藤はソロとして活動していくが、ちょいちょいとゲスト出演的な形でブリトラは復活していた。そして2012年、正式に再結成し、現在でも活動を続けている。

 こう言っちゃ失礼だが、基本的にはふざけた、くだらない歌詞の歌が多いのだが(本当に失礼)、中にはなかなかいい事言ってたり感動してしまったりする曲も隠れているのだ。今日ご紹介する『石焼イモ』も、一見するとふざけた歌詞のようで、実はいい事言っている系の曲である。これはブリトラの中でも、『ペチャパイ』に並んで僕が大好きな曲の一つだ。それでは聴いていただこう。

 

 このMVを観ながら聴いてしまうと、完全にBLの曲に思えてしまうが、歌だけ聴けばなかなかに良い歌ではないだろうか。ぜひ、脳内では男女の物語として再生して頂きたい。16歳の夜から話は始まり、18歳、さらに10年がたち28歳になった男女は幸せの形を築いていた。しかし何かを忘れている。次第にふたりの間には距離ができてしまう。そんな時に聞こえてくるのは、16の夜から聞いていたお馴染み「石焼イモ」のあの歌。二人は忘れていた大事な何かを思い出し、そっと寄り添うのだった。

 素晴らしいストーリーではないか!そしてキャッチーであり切ないメロディーとハモリがよりこのストーリーを引き立てている。どうしてMVをBLにしてしまったのだろうか。しかも男ふたりの間にどうやったら子供が産まれるのか。ツッコミどころは満載だが、それでも僕はこの曲が大好きだ(笑)

 寒い夜には焼き芋を食べながらブリトラを聴いて、身も心も暖まりたい。それでは今日はこの辺で、また月曜日にお会いしましょう。

 

関連サイト

ブリーフ&トランクス オフィシャルサイト

 

******************************************
ブリーフ&トランクス / ブリトラゴールデンベスト
詳細は画像をクリック!

アンダーグラウンド・ロックシーンで活躍したギタリスト、THE FOOLS 川田良が亡くなる

 訃報。ここのところ非常に多いような気がする。今日Twitterを眺めていると、「伝説のギタリスト逝く」というツイートが目に止まった。リンク先へ飛んでみると、THE FOOLSのギタリスト、川田良さんが亡くなったとのこと。ずっとメジャーから目を背け、アンダーグラウンドシーンで活躍し続けたギタリストが亡くなった。

 

ギタリスト・川田良

 川田良さんについて、僕は詳しくないので少し調べてみた。

 川田は、主にTHE FOOLSやTHE PANTZといったバンドに参加し、下北沢を中心に活動していたギタリストだ。他にも多数のバンドで活躍した彼だが、中でも代表的なTHE FOOLSに関して少しばかり述べる。THE FOOLSは1980年に結成されたバンドだ。川田はオリジナルメンバーではなく、82年にギター青木真一が脱退した際に加入することになる。初期はカッティングギターを主体にした激しいブルースやパンクといった曲が多く、その後はファンキーなサウンドへと傾倒していく。川田が加入してからは、彼の持ち味でもあるマイルス・デイビスとパンクの融合的音楽性から、よりグルーヴィなサウンドへと変化していく。その後もメンバーの入れ替わりはあるものの、精力的にライブ活動を行っていた。94年頃からは実質活動休止状態にあったTHE FOOLSだが、2007年には長い沈黙を破り川田を含む4人での活動を再開させ、2012年12月には、実に20年ぶりとなる新作アルバム「バビロン・ボンバーズ」をリリースした。彼らはその長いアンダーグラウンドでの活動の中で、輸入文化であるロックを日本のストリートに根付かせたバンドの一つである。

 このように、ずっとメジャーの世界に上がらず、しかし素晴らしいギターを鳴らしてくれていた彼に対して、多くのミュージシャンから嘆きの声が寄せられている。サンボマスターのボーカル山口は

と、Twitter上で追悼した。

 アンダーグラウンドで活動していたということもあり、YouTube上にもあまり音源が無いのだが、一曲だけ貼り付けておくことにしよう。

 

 

ライブに行こう!

 最近こういったミュージシャンや有名な方たちの訃報が非常に多いように思う。今、僕らが聴いているバンドだって、いつか突然に活動が出来なくなってしまう可能性も十分にある。僕はフジファブリックといいブッチャーズといい、メンバーが亡くなってからそのバンドを知ったり好きになったりという事が多い。けれどそうなるともうすでにライブで彼らの声を聴くことはできないのだ。だから、自分が好きなミュージシャンやバンドのライブにはなるべく足を運んで、そのバンドをとことん楽しみたいと思う。CD音源は、何年経っても聴くことができるけれど、ライブというのは、その時代に一緒に生きている間しか体験できないのだ。スタンディングライブに行けるのなんてせいぜい50代くらいまでだろうから、人生の中の40年間くらいのものだろう。その間に奇跡的に一緒に活動している大好きなバンドに出会えたのだから、ライブに行かない手はない。なんだか恋愛の話をしているみたいになってしまったが、本当にそう思う。

 

 今日のところはこの辺で。明日また、お会いしましょう。

 

関連サイト

THE FOOLSオフィシャルサイト

 

******************************************

THE FOOLS / バビロン・ボンバーズ

詳細は画像をクリック!

エリック・クラプトンと言えばこの曲?−デレク・アンド・ザ・ドミノス時代の名曲『いとしのレイラ』

 毎週水曜日はクラプトンの日と勝手に決めてお届けしているわけだけれど、エリック・クラプトンと言えば?と聞けば、10人に6人くらいは『いとしのレイラ』と答えるのではないだろうか。微妙な人数なのは、クラプトンの有名どころな曲が多数あるからだ。残りの4人は、『Change the world』や『Tears in heaven』、『Crossroads』なんかも有名だし、先日紹介した『Wonderful Tonight』を挙げる人もいるだろう。

 しかし、クラプトンをよく知らない人でも、レイラのイントロはほぼ確実に聴いたことがあるはずだ。一時期は三菱自動車のCMにも使われていたし、僕がクラプトン好きになったのも、この『いとしのレイラ』がきっかけだったように思う。

 

Derek and the Dominos

 クラプトンは過去にいくつかのバンドに在席していた。ヤードバーズから始まりCreamを経てデレク・アンド・ザ・ドミノスというバンドに行き着くわけだが、このデレク・アンド・ザ・ドミノス時代に生まれたのがこの曲、『いとしのレイラ』だ。

 この曲は、エリック・クラプトンジム・ゴードンの共作であり、作詞はクラプトンが行なった。前回の記事にも登場したジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドに恋をし、その苦しい想いを綴った歌詞になっている。パティ・ボイドさんどんだけ魔女ですか…!って感じである。

 とにかくインパクトのある素晴らしくカッコイイギターリフから始まるわけだが、このメインリフから突然の転調を経てAメロに突入する。メロ中にもバックではまるでコーラスのようなギターがずっと鳴り続けていて、僕なんかは歌よりもギターに聴き入ってしまう。そして間奏部分では、デュアン・オールマンのスライドギターが鳴り響く。本当に、ロック史にいつまでも刻まれ続けるべき名曲だろう。

 来日公演で演奏されるとしたら、当然ギターソロはクラプトンが弾くことになるはずなので、今回はライブバージョンをお聴きいただくことにしよう。

 

 この曲は二部構成のようになっていて、ギターが鳴り響く前半と、ピアノが印象的なボーカルレスの後半に分かれており、2つを合わせて一曲という構成だ。YouTubeニコニコ動画でコメントを見ていると、前半は丸々イントロで後半がこの曲のメインだといったような書き込みをよく目にするが、その気持ちは良くわかる。

 前半の情熱的でアクティブなプレイももちろん好きなのだが、それが過ぎ去ったあとに訪れる静けさのような後半のキレイなメロディも大好きだ。

 

クラプトンのビブラート

 ギター小僧なら、誰もがこのイントロのリフをコピーしようとするのではないだろうか。もちろん僕もトライしたが、クラプトンのようにキレイなビブラートをかけるのが非常に難しい。彼のビブラートは独特で、普通はチョーキングする時のように手首を軸にして回転させるように弦を押し上げ(引き下げ)元に戻すというのを繰り返すが、クラプトンの場合には、指を弦とほぼ垂直に当ててそのまま上下に揺らす。やってみれば分かるが、この方法は非常に難しい。だがクラプトン流のほうが細かく早いビブラートがかけられるから、音を伸ばす時間が短くても美しいビブラートがかかり、それがこのリフを生き生きとさせていると感じる。

 

 というわけで、今日は『いとしのレイラ』を紹介した。クラプトン来日公演では是非とも聴きたい一曲だ。それでは今日はこの辺で、また明日。

 

関連サイト

Eric Clapton / エリック・クラプトン|Warner Music Japan (オフィシャルサイト)

 

******************************************

エリック・クラプトン / いとしのレイラ

詳細は画像をクリック!

年明けにライブ活動無期限休止を発表-モーモールルギャバン『サイケな恋人』でまた会いましょうさようなら

 カウントダウンジャパン13/14の最終日31日に参戦し、その帰りの電車の中で衝撃が走った。たったさっき目の前でパフォーマンスを見た「モーモールルギャバン」が、オフィシャルサイト上でライブ活動の無期限休止を発表していたのだ。

 僕がモールルファンになったのは確か2年前とかそのあたりだったと記憶している。大学のサークルの友人におすすめされて聴いたのが始まりだった。正直CDで聴いてるうちはそこまでハマりはしなかったのだが、一度ライブに行ったらもう楽しくて楽しくて、それ以来病みつきになってしまったバンドだ。J-POPの限界を全身全霊で表現するそのパフォーマンスとその気持ち悪さを見に、何度もライブ会場に足を運んでしまった。

 

自分たちを見つめ直す時間が欲しい-

 モールルはオフィシャルサイトで、活動休止の理由についてこう語っている。

バンドの中で「よりもっと”濃い”モーモールルギャバンを見せたい。」という欲求が日々強くなっていき、メンバー、スタッフで話し合った結果、それにはきちんと向き合う時間が必要だという結論に至り、今回の発表となりました。

現在のところ、休止期間は未定です。いつ復活するかは全く白紙の状態です。

 休止についてメンバーのコメントがYouTube上にUPされているが、そこでもメンバーは「よく考え、自分たちの音楽について向き合うためにまとまった時間が欲しい」という旨のことを話している。

 モールルは、元々「BUMP OF CHICKEN」のような爽やかギターバンドを目指していたという。しかし、どこでなにをどう間違ったのか、彼らが覗き込んだのは望遠鏡ではなく、スカートの中だった。しかしその間違いが功を奏したのか、ここ数年で飛躍的にファンの数を増やし、Zepp東京でのワンマンライブを成功させるまでの人気バンドとなった。ここまで勢いで来てしまった彼らが活動休止、しかも期間未定というのは、もしかしたらこのまま帰ってこなんじゃないかという気がしてならない。

 

ギターレス3ピースバンドとなって初の音源

 さて、そんな活動休止直前のモールルから本日ご紹介するナンバーは、ギターが抜け、現在のギターレス3ピースバンドとなってから初めてレコーディングされたという『サイケな恋人』だ。この曲はライブでも定番曲で、フェスを含む彼らのライブではほとんど毎回演奏されている。そしてこの曲の最後に、観客は声を枯らして「パンティッ!!」と叫ぶのだ。

 

この曲のすばらしいのは、センチメンタルなメロディーと伴奏に乗せて歌われるモールル節だろう。モールルの魅力は、ノリの良い曲よりもこういった少し静か目の淋しげな曲にこそ現れると感じる。ふざけた歌詞に注目しがちだが、なんとも耳に残る切ないメロディーだ。

 この曲のパンティーコールはライブではもうすっかりお馴染みとなっているものであるが、CD音源では渋谷CLUB QUATTROでのライブ音源が使用されているそうだ。実際のライブではここでドラムヴォーカルのゲイリーが立ち上がって、履いているパンティーを脱ぎ客席に投げ入れるのだが、僕は不思議と一度も欲しいと思ったことがない(笑)

 J-POPの限界を高らかと叫んでくれる彼らのライブに行けなくなると思うととても寂しいが、どうにか復活して、パンティーと大声で叫べる日が来ることを願う。普段なかなかパンティーなんて叫ばないからね。

 現在モールルは、活動休止前最後のツアーとして「“乱れうち”からの“打止め”」ツアーを敢行中なので気になる方はそちらも要チェック。

 それでは、今日はこの辺で。また明日パンティッ!!

 

関連サイト

モーモールルギャバン オフィシャルサイト

 

******************************************
モーモールルギャバン / 野口、久津川で爆死

詳細は画像をクリック!

等身大のフジファブリック−銀の匙OPテーマ曲『LIFE』のMVが公開!

 早いもので、フジファブリックのボーカル志村正彦が亡くなってから4年が過ぎた。そして、フジファブリックが新体制になり、既に2枚のフルアルバムがリリースされている。3人体制の言わば“新生"フジファブリックがこれまでにリリースしてきた楽曲はどれも聴いたし、フェスやワンマンライブで彼らのパフォーマンスも観てきた。しかし、僕は以前の、つまり志村が生きていた時のフジファブリックを超えるような曲は未だに現れていないと感じる。そもそも比較すること自体があまり意味のないことかもしれないが、ファンとしては新譜が出るたびにわくわくするものだし、その期待に応えてくれるような曲を望んでしまうものだ。そして、残念ながら僕の期待を超えてくる曲には、まだ出会えていない。

 

志村亡き後のフジファブリック

 さて、いきなり辛口コメントからスタートしてしまったが、志村が亡くなってからのフジファブリックの曲について思うところを少し述べたい。フジファブリックに限らず、楽曲のほとんどを作詞作曲していたボーカルが抜けるということは、そのバンドはもはや全くの別物になってしまうと言ってもいいだろう(oasisのように)。解散という選択肢もあっただろうが、フジファブリックはバンド名の変更もなく、活動を続ける道を選んだ。

 僕が思うに、『STAR』から始まった新生フジファブリックは、志村がいた頃のフジファブリックをかなり意識していたのではないだろうか。それは当然の流れかもしれないが、ファンが求める“フジファブリックらしさ”に応えようと、もしくはメンバー自身の中にある“フジファブリックらしさ”を維持しようと必死になっていたのではないかと感じる。実質別物のバンドになってしまったのに、だ。だからなんとなく、これまでの曲からは肩肘を張っているような、変に自分たちらしさを求めたような印象を受けてしまうのだ。どんなに似せようとしても、志村の曲ではないのだから、もっと今のフジファブリックしにか書けない曲を歌ったらいいのに、と僕は思っていた。

 

等身大のフジファブリック

 正直に言うと、今回の新曲もそんなに期待してはいなかった。だからあまり気合を入れずに、なんとなく聴いてみたのだ。しかし、予想に反して聴こえてきたのはいい意味で肩の力の抜けた、等身大のサウンドだった。

 

 この歌を聴いて、ようやく収まるところを見つけられたのかな、と思った。単に僕の好みの曲調だということもあるかも知れないが、“しっくりくる”という印象を受けた。軽快なピアノの音と遊び心のあるギター、そして後ろでノリを支えているベース。3人の息がぴったり合って、気取らない、今のフジファブリックを表現できていると感じる。MVのテーマは「思春期な銃撃戦」ということで、シュールでコミカルな内容も、曲によく合っていると思う

 確かに志村正彦は偉大な人だった。彼が残していった曲たちは本当に素晴らしいものばかりだし、あんな歌を書ける人は今の日本の音楽シーンにはいないだろう。けれど同じように、彼の歌を支えてきたメンバーもまた、多くの才能を持っているはずだ。志村の存在に変にとらわれることなく、自由に曲を作っていってほしい。次のアルバムにまた、期待しておく。

 それでは今日はこの辺で。また明日お会いしましょう。

 

関連サイト

FUJIFABRIC.com (フジファブリックオフィシャルサイト)

TVアニメ「銀の匙 Silver Spoon」公式サイト

 

******************************************

フジファブリック / LIFE

詳細は画像をクリック!

「かわいくっていじわるなパンク」-ポスト渋谷系バンドCymbalsって知ってる?

 こんにちわんばんこ、増子でござる。

 以前、はてなブログに移ってくる前に、「カラスは真っ白」というバンドのアルバム「かいじゅうばくはつごっご」をご紹介したことがあった。このバンドは相対性理論好きの友人から教えてもらったもので、確かに理論のようなウィスパーボイスが特徴的なバンドだった。YouTubeでカラスは真っ白の曲を聴いていると、コメント欄には「理論に似てる」という感想以外に、「Cymbals的な要素もある」といったコメントがチラチラとあった。僕はCymbalsを知らなかったのですぐに調べて聴いてみた。なるほど確かに共通点はある。しかし、この疾走感と透き通る歌声は聴いていてすごく心地いい。これはみんなに紹介したい。そう思ったので、今日は「Cymbals」から一曲ご紹介したいと思う。

 

ポスト渋谷系ロックバンド

 Cymbalsは1997年に結成し、2003年に解散した3ピースロックバンドである。構成はVo.土岐麻子、Gt.&Ba.沖井礼二、Dr.矢野博康である。結成当初のバンドコンセプトは「かわいくっていじわるな感じのバンド。ただしパンク」だったという。90年代に渋谷を発信地として流行したいわゆる“渋谷系”もしくは“ポスト渋谷系”バンドとして括られることが多いようだ。渋谷系というと有名なミュージシャンは「ピチカート・ファイヴ」や「フリッパーズ・ギター」だろうか。この辺りの曲はオシャレで爽やかなイメージが強いが、Cymbalsもこれに違わず、CDジャケットには洋楽の有名ジャケットのパロディが多く、彼らの遊び心がやセンスが感じられるものが多い。

 では、99年発売のメジャーデビューシングル『午前8時の脱走計画』をお聴きいただこう。

 

 Vo.土岐麻子の透き通る爽やかな歌声が耳に心地いいナンバーだ。このMVを観てピンと来る方も多いかと思うが、これは映画「さらば青春の光」のパロディとなっていて、ジャケットもローリングストーンズ「Get Yer Ya-Ya's Out」のオマージュとなっている。15年ほど前の曲だが、全く古さを感じさせない。むしろ、僕にとっては新鮮でもあった。う~ん、この時代のバンドって好きだな。この頃の音楽シーンをリアルタイムに追えた方々がとても羨ましく思う。今聴いてもとてもお洒落な音楽がたくさんある。

 残念ながらCymbalsは2003年に解散してしまう。その理由について土岐は、

トライアングルの体制で作ってたので、誰かひとりがっていうワンマンバンドにならないことが理想だったんですけど、バランスって変わってくるもので。(中略)だんだん3人の思うところが一致しなくなってきて。それだったらCymbalsじゃなくてもいいじゃんって。*1

と語っている。

 今、日本の音楽はいまひとつエネルギーが足りていなような気がするので、この頃のようなバンドが復活しても面白くなるんじゃないかなと思ってしまう。歴史は繰り返すって言うから、そのうち出てくるかも?

 それでは今日はこの辺で。また月曜日にお会いしましょう。

 

関連サイト

Cymbals|Victor Entertainment (オフィシャルサイト)

 

******************************************

 

Cymbals / 午前8時の脱走計画

詳細は画像をクリック!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...